未経験者向けメッセ

千葉でウインドサーフィンのゲレンデはいくつかありますね。

広いビーチと綺麗なサイドショア(横からの風)が理想です。

ウインドを体験されたことがない方々は、どこでのってん?

九十九里?などと外房で乗ってるであろうイメージみたいです。

サーフィンって言葉が入るからですよね。

実際は、多くの方々が内房で遊んでます。

やってみるとわかるんですが波が無くても楽しめるんですよね!

スピード出して気持ちよく滑走する。そう、

【プレーニング】を求めて遊んでます。

エンジンなどは積んでいないので動力は帆(セイル)に当たる風だけですね。スピード制限はないのでアクセル全開で!思いっきりかっ飛ばしてください。

中級者でも40~50km/sぐらいは出ますね!
海上だと体感スピードは陸の〇倍!!知ってますか?結構速く感じます。春秋の交通安全強化期間なんかでたまった鬱憤?は、海で解消しましょう。

イメージでいうとオフロードコースよりサーキットコースのほうがスピード出しやすいのはわかりますよね。^^多くの人はサーキットコース(波の立たない内房)で遊んでいるというわけです。
僕はオフロードコースのほうが好きです。←

話し戻りますが、波があるところでも遊びます!

ただしここでは小さい道具で乗ります。大きい道具で波に巻かれると大変なことになりますからね。なので、小さい道具でもしっかりプレーニングができることも条件の一つになるといえますね。

インサイドの波が立つところに風が入らないことが多いのであまり外房にはいかないのです。(行く人もいます。)

なんだかんだ言いましたが、自然が相手のスポーツなのでその日によってもゲレンデによってもコンディションがまるっきり違います。それもまた楽しくも難しいのであります。

非常に奥深いスポーツの虜にあなたも一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。魅了されること間違いなしです。

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です